ATmega32U4搭載マイコンボード

「ATmega32U4搭載マイコンボード」を買いました。

スイッチサイエンス ATmega32U4搭載マイコンボード
https://www.switch-science.com/catalog/865/

名前の通りATmega32U4が乗っていて、
Arduinoのブートローダーを書き込むと Arduino Leonardo のごとく扱えるようになるそうです。

何が嬉しいかというと、「小型でキーボードやマウスのふりができる」ことです。

HID(Human Interface Device ヒューマン・インタフェース・デバイス)として認識され、

例えばWindowsであれば、ドライバなしで(正確にはWindowsが持ってるドライバで)キーボードやマウスのふりをします。

面白そうでしょ?(僕は面白そうと思ったから買いました)

 

1.注文

これ、スイッチサイエンスが作って販売してるんですけど、Amazonからも買えるんです。
2015年3月の時点で、1830円でした。

普段からAmazonで買い物をしてる人の場合、3クリックぐらいで買えちゃうんで敷居が低くなりますよねw

Amazone ATmega32U4搭載マイコンボード

2.届く

注文して数日すると商品が届きます。クッション付きの封筒で届きました。

「中身入ってるの?」って言うぐらい軽いです。

 

3.通電

早速通電してみます。

micro USB でPCとつなぎます。

LEDは光るけど何も起こらない。。。

届いた日は、ここで断念して寝ましたが、次の日なぜだったかわかりました。micro USBのケーブルがダメでした。ケーブルを変えたら、ポンポコポンと音がなってドライバがインストールされだしました。

しばらくするとPCが勝手に動きます。

テキストエディタを開いてしばらく待つと、「Hello Arduino」と入力されます。

キーボードが勝手に動きました。ポルターガイスト現象です。

違います。

(PCが勝手に動いたのは、何かのキーがアクティブになっているウィンドウのショートカットになっていたようです。)

 

4.解説ページの方法でプログラムを書き込んでみる

商品説明に「ATmega32U4の標準のブートローダを搭載してます(DFUブートローダ)。USB経由でプログラムを書き込めます」と書かれています。

スイッチサイエンスの商品ページから解説ページへのリンクがありました。

スイッチサイエンス http://trac.switch-science.com/wiki/32u4bb

解説ページを読むと、AtmelのFlipというソフトを使ってプログラムを書き込めるそうです。

Arduino IDE でプログラミングして、コンパイルして、HEXファイルをFlipで書き込むという流れのようです。

サンプルとして載っている「マウスがぐるぐる回る」というプログラムを Arduino IDE にコピペしてコンパイルして、HEXファイルを書き込んでみます。

ここで色々と手順を書いたらいいと思うんですけど、スイッチサイエンスのページに詳しく書いてあったので省きます。

書き込みが終わり繋ぎ直すと、なんということでしょう。マウスがぐるぐる回り出しました。

基板に付いているスイッチを押すと止まります。

この時点では、デバイスマネージャーを見ると、ATm32u4DFU となっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください